エンタメ

すべらない話【動画】GACKT笑いのセンスも一流!全4話まとめ。

2020年1月11日(土)放送の『すべらない話』にGACKTさんが初登場しましたね!

どんな話が飛び出すのか、と注目を集める中、GACKTさんは計4話を披露し、全て爆笑をさらい、見事『すべらない話』認定でした。
4話のうち、1話から3話は3連続でサイコロがGACKTさんに止まるというミラクルで、見事に乗り切る様もさすがでした!

この記事ではGACKTさんが発表した4話をまとめています。

スポンサーリンク



めずらしく緊張するGACKTさん

いつもクールでカッコいいGACKTさんですが、すべらない話のプレッシャーはかなり大きかったようで、番組冒頭部分で紹介されると、
「胃が痛い」
「あまりのプレッシャーに耐えられなくて飲んできました」
「吐きたいです」
と、お酒に頼るほど緊張されていました。

そんな状態でしっかり笑いをとるあたり、流石GACKTさんです!

すべらない話、GACKT第一話『マネージャーのカナモリ』

「それは外すな」とタイトルをつけて、GACKTさんのマネージャーさんの勘違いを上手にまとめてオチまで持っていってます!
顔マネも入れてとても分かりやすく、面白いです!

すべらない話、GACKT第二話『星に帰るマカベ』

「星に帰るマカベ」とタイトルをつけて、スタッフさんがGACKTさんから怒られている時の態度を、身振り手振りを交えて面白おかしく語っています!

スポンサーリンク



すべらない話、GACKT第三話『恐怖のイノグチ先輩』

「恐怖のイノグチ先輩」とタイトルをつけて、GACKTさんが中学生の頃の怖い先輩の話をされました。
イノグチ先輩のマネをして、リズムを刻むGACKTさんがかっこよくて必見です!

すべらない話、GACKT第四話『タクシー』

長いので前半と後半に分かれていますが、全部観られます。

「それは入れるな」とタイトルをつけて、GACKTさんが乗ったタクシーの運転手さんの話をされました。
タイトルがオチにたどり着いた時、何とも言えない気持ちよさのある、話の構成でした。
こちらの話も必見です!

まとめ

お笑いのセンスも『一流芸能人』である事を証明したGACKTさん。
もうGACKTさんは、出来ないことなんて無いんじゃないか?と思ってしまいます。

GACKTさんのすべらない話は、オチをタイトルとして持って来る事で、聞き手側にどう着地するのかを想像しながら楽しませ、オチにたどり着いた時に爽快感を覚えるものでした。

そして、やはりと言うべきか、
今回のMVSに、GACKTさんの『恐怖のイノグチ先輩』が選ばれました!

見た目も歌も演技も、笑いのセンスまであるなんて、完璧超人のGACKTさん。

お笑い好きも文句なしのMVSでした!
今後の活躍も楽しみですね!(^-^)

スポンサーリンク