エンタメ

槇原敬之が使っていた覚醒剤通称ラッシュの効果は?前回逮捕はいつ?

槇原敬之容疑者が、覚醒剤所持容疑で2020年2月13日の午後4時半過ぎに、渋谷区の自宅で逮捕されたと報道されました。

今回は覚せい剤約0.083グラムの所持容疑で逮捕されたとのことです。

危険ドラッグと呼ばれる、通称『ラッシュ』を一昨年3月に所持していたとして、覚醒剤取締法違反の疑いがもたれているようです。

どんな薬物なのか?前回の逮捕はいつなのか?など、まとめてみました。

スポンサーリンク



槇原敬之が覚醒剤使用で2回めの逮捕!前回はいつ?

前回の逮捕はおよ20年前の1999年。
自宅から覚醒剤が発見され、友人と共に覚醒剤取締法違反の現行犯で逮捕されました。

自室ソファーの布製カバーの下に隠したペンケース無いのプラスチック製の小瓶に入れていたそうです。

この時は、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、CDの販売が停止されるといった事態にまで至りました。
この判決に対し、槇原敬之容疑者は
「寛大な判決がくだりました今も、法を犯す事の重大さを痛感しております。今後は、絶対にこのような事を侵さないことを固くお約束いたします」
とコメントしていました。

槇原敬之が覚醒剤使用で2回めの逮捕!ラッシュとは?

ラッシュ(RUSH)とは、アメリカ合衆国のパック・ウェスト・ディストリビューティング社 (Pac West Distributing) が販売する薬品。亜硝酸エステルを主成分とする薬物である。

ウィキペディアより
アメリカで作られているようです。

ラッシュの効能は?

効果は血圧降下や拍動強化のほか、吸引後、数秒から数十秒間特有のわずかな酩酊感覚や紅潮を伴う血管拡張を生じるため、性的興奮を高めるために使用される

ラッシュはビデオクリーナーや液状アロマとしてパック・ウェスト・ディストリビューティング社から出荷されており、同社は誤用は推奨しないとしている。販売時も同様の名目で販売されているが、実際は人体への吸引摂取目的の商品として販売されており、使用者の多くも同様の目的で購入する。アダルトビデオ販売店やアダルトグッズショップ、インターネット通販などで販売されている。オーガズム時などに摂取するとされ、効果の真偽は検証されていないがこれにより快感が増大するとされており、セックスドラッグに分類されている。

ざっくり言うと、『性的興奮を高める為の薬物』という事ですね!

スポンサーリンク



槇原敬之が覚醒剤使用で2回めの逮捕!ネットの声

正直
「またか」と感じました。
才能のある方なのに。残念です。

覚せい剤の怖さを思い知るな…やっとここまで持ち返してきたのに、またなぜって思うけれど、もうやめられないんだろうね‥マーシーが言ってたように、握手するだけで覚せい剤握らせてくる人がいたってくらいそばにいるんだもの…。残念だよ。30周年だったのにね…。

やっぱり、槇原敬之だったんだ。
ミリオン歌手X。
皆さんの予想、当たってたね。
やはり、やめられないものなんだな。

前科がありながら、テレビ出演とかできた良い例なのに、非常にもったいない。もう復活はないだろうな。

マトリが沢尻エリカについで本気を出した証拠ですね。
SMAPの「世界に一つだけの花」の時にあれだけ復帰できたという印象なのに。
やはり薬の世界は抜け出せない怖さがあるということですね。
芸能界、しっかり検査とかやってほしい。

2018年には、槇原敬之容疑者の個人事務所の元社長の男性が港区のマンションで薬物を使用したとして逮捕されていたとの報道もありますので、その経緯で槇原敬之容疑者も再犯に至った可能性もありますし、前回の使用時から止められていなかった可能性もあります。

やはり側に覚醒剤を使用している人がいると、止められるわけもないですね。

才能のある方だけに、もったいない…という失望の声があがっていますね。
本当にいい曲ばかりを出される方なので、残念でなりません。

槇原敬之容疑者、デビュー30周年の年に逮捕


槇原敬之容疑者のホームページは2月13日の18:40分時点ではまだ入れましたが、閉鎖になる可能性もありますね。
デビュー30周年のお祝いムードが一転してしまいました。

まとめ

今回の容疑が事実であれば、前回の逮捕後いつから、どのような経緯で再び使用したのか。
入手経路はどこで、所持量や使用頻度など、様々な点が捜査の対象となるようです。
尿検査の鑑定結果も注目されます。

30周年を迎える年にこのような展開になるとは、本当に残念です。

夕方に東京湾街警察署に向かっているとの情報がありましたので、今は拘置所内かもしれません。

槇原敬之のYouTubeや曲配信は停止しない!?電気グルーヴとの差はなぜ?槇原敬之さんが2020年2月13日に、覚醒剤取締法違反の疑いで勾留されました。 それを受けて、世間では『楽曲が配信停止になる!』『...

スポンサーリンク